「Tropico 5」汚職に手を出したりできる国家運営シミュレーションゲーム!シニカルさを求めるプレイヤーにおすすめ!

自然災害や反発勢力との衝突、住民の意見を聞きつつの運営をしていくシミュレーションゲームなのですが、プレイヤーは独裁者となり国を統治します。国民の話を全部真に受けていては国の発展につながりません。権限を使って強引に進めることも必要な、シニカルなPCゲームです!

有料ゲーム

まずはこちらのプレイ動画をご覧ください!

提供元: もろろん様

あら、南国な見た目のPCゲームね。
アドベンチャーゲームとかかしら?
違うんだニャー。これはTropico 5ってシミュレーションゲームなんだニャ!
へ~シミュレーションゲームなのね。どんな感じなの?
なんとカリブ海の独裁者になるんだニャ!

トロピコシリーズ第5弾!

カリブの島国の独裁者になり国を統治するというトロピコシリーズの第5弾です。

シリーズおなじみの設定ですが、

今回は貿易システムが加えられたり、

時代の概念が付け加えられたり、

建造物の種類が大幅に増えたり、

マルチプレイができるようになったりと、

今まで以上にやり込みがいのある、

盛りだくさんの内容になっています。

ゲーム界では異例の設定の独裁国家運営シュミレーション


ゲームの世界観だけ見ると、カリブの島国という一見平和そうな設定ですが、

プレイヤーはその国で貧困と不満にあえぐ住民たちを統治してく大統領になるという

なんとも現実的な設定です。

 

そして不満を持て余した住民と対立しそうになりながら、

小さい国の低予算で国を発展させて行く必要があります。

そのために必要なのが…「独裁」です。

 

時には住民の意思とは裏腹の政策を実施し、

強引にことを進めたり、合法非合法問わず、

独裁者の権限を使って国内の統制を計っていきます。

 

可愛いタイトルと緻密なゲームデザイン

そしてゲームの雰囲気からのほほんとしたゲームのように感じますが、

設定はあくまでも「国家運営」というかなりきな臭い設定になっており、

そのギャップがまた一段とゲームの魅力となっています。

やるべきことは沢山


国家運営ということで

教育事業

インフラ整備

技術革新

産業強化

観光事業

軍事力の増強

など様々な分野に焦点を当てて国を発展させて行く必要があります。

スタートした時点では何もないのでやるべきことが多くあります。

なので迷うこと無く、進めているうちに必要なことが分かってくるでしょう。

 

また自然災害や反発勢力との衝突、

そして住民の意見を聞きつつの運営、

その中で独裁者としてのブラックな部分を折り込みつつといった、

かなりシニカルなゲームになっています。

 

ゲーム中に行なわれる選挙で破れると

ゲームオーバーとなるので、

どれだけ腹黒く…いや、住民に寄り添った政治ができるかが鍵になってきます…。

スタート時は国民の腹を満たすべく農園を作ったり、

それを運ぶための道路やインフラを整備したり、

やることが満載で、自然とゲームに没頭していくと思います。

 

ゲーム自体はペヌルティーモという怪しげな大統領補佐官が

色々指示をくれたりアドバイスをくれたりしながらプレイしていきます。

 

例えば、最初は図書館を建築し、

その図書館で研究を勧めることで、

発見があり、別の建物の建築がアンロックされるなど、

建てれば建てるほど様々なことが出来るようになる快感は

プレイしてみるとハマっていきます。

「時代の移り変わり」というリアリティも採用

国家運営の難しさをより一層感じさせてくれる、

「時代の変化」という設定をシリーズ初で採用しています。

 

採用されている時代は

植民地時代、大戦時代、冷戦時代、現代の4つです。

 

それぞれの時代によって国のテクノロジーも

国に必要なものも、住民の不満も違います。

 

その変化を機敏に読み取り、自ら指揮をとって

国民の支持を得ながら国を運営して行くことになります。

 

技術発展に力を入れるのか、

外国との外交に力を入れるのか、

そういったことも含め、やり込みがいのある設定になっています。

 

またマルチプレイでは他のプレイヤーと協力して他のプレイヤーの国と

交易や外交を行なうこともできます。

 

そして時には宣戦布告することも…。

相手の建てた建造物を破壊する快感も癖になってしまうかもしれません。

独裁者の気質が必要?

ハッキリいうと国民の話を全部真に受けていては

国の発展につながりません。

 

時には独裁者の権限を使って強引にことを進めたり、

無理難題を言って国民に働いてもらったりしてもらう必要があります。

街には国民1人ひとり生活があり、

毎日を精一杯生き抜いています。

 

喜び、悲しみ、楽しさ、苦しみ、

そういう日常の生活の顔を見せる国民がいます。

 

その1人ひとりは緻密なグラフィックで再現されており、

自分の国を作るという現実的な設定と、

その国民達を自分の理想のために動かしていくという

独裁者としての器量が試されます。

 

経営シュミレーションの中でも

国家運営と時代の変化という要素が加わり、

独自の面白さが楽しめます。

トロピコ5の総評

ゲームの雰囲気、そして独特な設定と

グラフィックの綺麗さ、BGMを含めて、

経営シュミレーションの好きな方は十分楽しめるオンラインゲームになっています。

 

また、ゲームの難易度時自体も5段階の中から選べるので

経営シュミレーション初心者の方でも気軽に取り組めるようになっています。

 

国の財政を気にしながら、国民の支持率を保ちつつ、

それでかつブラックな思惑を入れ込むといったリアルさ

他のゲームでは中々味わえるものではないでしょう。

 

マイナス点としては島の住民はMAXで2000人程度とやや少なく、

やり込み要素が少ない部分でしょうか。

 

ですが、汚職や汚い手を実際に試行できるようなソフトは中々ないので、

プレイしてみるのはアリだと思います。

何しろ5作も発売されているのですから、面白いし、評価されているということでしょう。