「チェインクロニクル3」4年以上続いている名作タワーディフェンス!チェインクロニクルシリーズの第3作がいよいよPCで登場!

4年以上もサービスを続けているタワーディフェンス、チェインクロニクルシリーズの第3作!過去作をプレイしていなくても3を購入すれば1と2がプレイできるので安心です!無料オンラインゲームなので気軽に楽しめるおすすめネトゲです!

基本無料

 

まずはこのおすすめネトゲの公式動画をご覧ください!

 

 

名作タワーディフェンス、チェインクロニクルシリーズの第三作ニャ!
タワーディフェンスってのはちょっと珍しいわね。

 

チェインクロニクル3とは、どういったゲームなのか

 

チェインクロニクル3はセガゲームスによって開発され、

DMM.comとセガゲームスによってリリースされました。

 

ジャンルはタワーディフェンスRPG。

正式リリース日はPC版は現在はまだ未定となっています。

 

しかし、開発ディレクターの松永氏からもDMM GAMESからの

PC版リリースを予定しているとの発表があったので、

リリースされる日は近いと予想されます。

 

PC版のリリースを予定しているということで大体の想像はつくとは思いますが、

チェインクロニクル3は元々はIOS、Android向けのスマートフォンアプリとして登場しました。

スマートフォン版のサービスは2013年8月1日より始まっているので、

実際は4年以上もサービスを続けているゲームなのです。

 

4年も続いているとなると、ゲームとしては

かなりサービスを継続している部類に含まれると思います。

そして、4年も運営しているにも関わらず、

プレイヤーからの評判や評価も高いことが特徴です。

 

普通は長続きしているゲームなどでも、長期サービスをしていくうちに

プレイヤーから飽きられてしまったり、

開発の方針を大きく間違った方向に変わってしまったり、

課金要素を増やしにきたりなどしてプレイヤーの不満なども増えていくことがほとんどである中で、

チェインクロニクル3は些細な意見などはあれど、

おおむね満足しているというプレイヤーが多いのです。

 

チェインクロニクル3の開発や運営は信用に値すると思います。

 

では、チェインクロニクル3とはどんなことをするゲームなのか。

簡単にいうと、チェインクロニクルはよくあるオーソドックスなRPGです。

 

メインストーリーを楽しみながら進める

→バトルをする

→クリアできなければキャラクターの育成。

 

本当に王道なRPGで、やる事がとてもシンプルでわかりやすいことが魅力です。

 

複雑なシステムのゲームなどが苦手で、

なにをすればいいのかわからなくなってしまうようなプレイヤーにとっては

シンプルでありがたいと思います。

 

それでは、チェインクロニクル3がどんな世界観で、どんなバトルシステムなのか、

チェインクロニクル3にしかない魅力について紹介していきたいと思います。

 

前作のプレイは必要なのかどうか

 

タイトルをみて、これからはじめようと思っている人がまず気になるのは、

3というナンバリングだと思います。

 

チェインクロニクル3はそのタイトルの通りで、

チェインクロニクルシリーズの第3作となります。

 

シリーズものでも、前作と全くつながりのないタイプのものもありますし、

前作の完全な続編として発売され、ストーリーや設定、

世界観などなにもかもがつながっているタイプのものもあります。

 

完全な続編で前作とのつながりをもったタイプとして発売されてしまったものだと、

前作をプレイしていないプレイヤーはストーリーやシステム、

世界観設定など全てにおいてついていけなくなってしまうことになります。

 

では、チェインクロニクル3はどっちのタイプなのかというと、後者です。

つまり、ストーリーや設定などが続編としてつながっているタイプのものなので、

前作のチェインクロニクルをしっかりプレイしていないと

あんまり楽しむことはできないというわけです。

 

「じゃあチェインクロニクル3は楽しむことができないし、

前作未プレイの新規プレイヤーは遊ぶことができないんだな」って思ってしまって、

プレイをやめてしまおうと思った人。決断をするのは早いです。

 

たしかに、ストーリーや設定はすべてつながってはいますが、

チェインクロニクル3では新規プレイヤーで

前作をプレイしていない人のためのシステムが用意されているのです。

 

そのシステムとはチェインクロニクル3を始めるときに、

前作であるチェインクロニクル1からスタートをすることができるようになっているというものです。

 

もちろん前作をプレイ済みであるプレイヤー向けに3から楽しむことも可能です。

1から始めるか、3から始めるかをプレイヤーにあわせて選択することができるようになっています。

これであれば前作を一切遊んでいないというプレイヤーでも安心ですね!

 

チェインクロニクル3はシリーズ初心者でも

続編目当てのシリーズ経験者もしっかり楽しむことができるように設計されているので、

誰でも気軽にプレイをすることができるようになっています。

 

チェインクロニクル3の世界観、ストーリーシステムの魅力

 

では、チェインクロニクル3がどのような世界なのか、

少し特徴的なストーリーシステムを紹介します。

 

舞台は、前作のチェインクロニクルから5年後のユグド大陸。

チェインクロニクル3の最大の特徴は主人公が1人ではなく、5人も存在するということでしょう。

主人公は2人とかなら聞いたこともよくありますが、5人ともなるとなかなかないですよね。

 

そして、この5人は最初から一緒に仲間として冒険する、とかいうわけではないです。

それぞれの主人公たちはみんな、違う都市や街から出発します。

5人にはそれぞれの物語があり、各都市で違う仲間たちを集めて、旅をします。

 

やがて1つの共通の目的をもち、この5人が交錯し合うことになるといった流れです。

5年前の戦いから平穏を取り戻したユグド大陸でなにが起きたのか。

5人の主人公たちのそれぞれの視点でユグド大陸を冒険することが

チェインクロニクル3の最大の醍醐味でしょう。

 

複数の主人公がいるタイプのRPGで、

それぞれの主人公の違う視点からストーリーや世界をみることが好きな人などには

かなり楽しめるシステムであると思います。

 

5人も主人公が出てきてそれぞれにストーリーがあるからボリュームもバッチリだニャ!

バトルシステム

 

チェインクロニクル3は通常のRPGとは違って、

ターン制のコマンド選択式のバトルシステムではありません。

タワーディフェンス式のバトルシステムを採用しています。

 

タワーディフェンスといわれてもピンと来ない人も多いと思います。

簡単に説明すると、画面の左から迫ってくる敵をひたすら撃退していき、

画面の右端に敵を到達させないようにするバトルのことです。

 

敵はどんどんリアルタイムで左から右に動こうとするので、

ターン制のバトルのようにゆっくりしている余裕がないのが特徴です。

 

プレイヤー側のキャラクターは3×3の9マスの中で、

キャラクターを動かしながら敵を殲滅していくことになります。

 

どのキャラクターをどのマスに配置するのか、

敵の配置によって瞬時にキャラクターを移動させることが重要になっていきます。

 

タワーディフェンス式を採用しているゲームの中でも

比較的シンプルなシステムであると思うので、

タワーディフェンスシステムのバトルが始めての人にとっては

タワーディフェンスバトルの入門としても楽しむことができるゲームだと思います。

 

チェインクロニクル3をきっかけにタワーディフェンス式のバトルを始めてみるのもいいと思います!

 

まとめ

 

チェインクロニクル3は、チェインクロニクルシリーズを

この作品1つで全て楽しむことができるようになっています。

 

シリーズ初心者などもチェインクロニクル3だけで

十分にチェインクロニクルの世界に入り込めるのでオススメです。

 

基本無料なので誰でも気軽にプレイしてみましょう!

 

ただし、PC版でのサービス開始時期はまだ未定なので、

PC版でプレイしたいという人はもう少し待つ必要があるかもしれませんね!

 

続報を期待しましょう。

 

 

4年以上もサービスが続いてるってのはかなり信用に値するわね。
PC版のサービス開始が待ち遠しいニャ!