「Getting Over It with Bennett Foddy」一大ブームを巻き起こしたおすすめオンラインゲーム!上り続ける中で何か哲学が見えるかもしれない人気ネトゲ!

最近の難しいPCゲームと言えばこの作品!世界中で大流行した人気ネトゲです。ハンマーを振り回して上を目指すというシンプルなゲーム性一筋縄ではいかない難易度の高さが絶妙にマッチしています。ある意味、哲学的な気分に浸れるおすすめオンラインゲームです。

有料ゲーム

 

 

動画でこの人気ネトゲの雰囲気をチェック!

 

おっ、このネトゲは知ってるで。なんか実況動画がめっちゃ話題になってたやつやんな。
まあ、あながち間違ってはいないニャ。このネトゲは「Getting Over It with Bennett Foddy」と言ってとにかく難しいPCゲームなんだニャ。

目の前に立ちはだかる壁を乗り越えるだけの難しいPCゲーム!

人生では色々な壁にぶつかるから頑張って乗り越えようと、世間一般では言われています。

インターネットという自由な空間にて、文字通りの意味で壁を乗り越えていくPCゲームも誕生しました。

ただひたすらに壁を乗り越えるために上へと進み続けるシンプルな人気アクションゲームが本作です。

 

空前のブームを巻き起こしたGetting Over It with Bennett Foddyに登場する中年の男性は、

釜に下半身を入れたまま、持っているハンマーだけで目の前にある様々な障害物を乗り越えていきます。

 

登山用のハンマーなので崖などに叩きつけると食い込み、

力を込めて移動するための支点になってくれます。

プレイヤーが操る中年の男性は、古代ギリシアの哲学者であるディオゲネス氏を参考にした人物です。

史実のディオゲネス氏は街の片隅に置かれている大樽で生活していて、

欲望からの解放と自己の鍛錬を重視していました。

肉体と精神を鍛え上げることを尊んでいた哲学者だけに、実にはまり役です。

 

足を使えないのでちょっとした段差でも苦労しますが、

ハンマーを使いこなして立体的な動きをする中年の男性には

あらゆる壁を乗り越えられるだけの能力があります。

 

登山にも似た、頂上を制覇することでの達成感を求めて、

多くのゲーマーが鍛錬に励んでいます。

数多くの実況動画が挙げられており、一大ムーブメントを巻き起こしました。

開発者の名前がタイトルに入っている理由

世界的に有名な人気ネトゲGetting Over It with Bennett Foddyを語るにあたっては、

最初に開発者であるベネット・フォディ氏を説明するのがベストです。

 

開発者の名前がゲームタイトルに入っているのは珍しく、

いかに自分が制作したことを知らせたがっているのかを読み取れます。

 

欧米では、自分と共同経営者の名前をそのまま社名にするケースがよくあります。

しかし、ゲーム制作の分野では、多く販売するために適したタイトルにするのがセオリーです。

ブランド化以上に、伝えたいメッセージが込められているそうです。

 

ベネット・フォディ氏にとってのゲームは、難易度が高くて何回もスタート地点からやり直すものです。

彼の考える正当なゲームには、失敗しても直前から再開できるセーブは不要でした。

名作アクションゲームでもあるマリオとかロックマンも同じ感じよね。まあセーブポイントが用意されてたりはするけども。
案外、真に面白いゲームっていうのはそれなのかもしれないニャ。

自らがゲーム開発者になったことで、傍流となりつつも

根強いファンによって支えられてきた高難易度のゲームというジャンルが日の目を見たのです。

 

既存のメジャーな路線にはない手応えと、ゲームクリアを自慢できることから、

口コミによってGetting Over It with Bennett Foddyに挑戦する人が急増しました。

ゲーム内でひたすらに響き渡るハンマーの音

この人気ネトゲにおける主なBGMは、主人公が振るうハンマーがぶつかる音です。

足を使えない以上、中年の男性にとっては己が持っているハンマーが全てであり、

周囲にあるオブジェクトに叩きつけた反動などで移動します。

 

まるで垂直の崖を上るクライマーのごとく、黙々とハンマーをぶつけて前に進んでいきます。

タイトル画面でも崖にハンマーをぶつけるシーンで、製作者が登山をイメージしていることが分かります。

 

やがて上へと進んでいくことになり、哲学者にふさわしい、

誰にも辿り着けぬ空間へと突き進んでいくのです。

 

実際にプレイして覚えた方が早いので、操作方法を説明するチュートリアルはありません。

地面に置かれた釜から中年の男性が出てきて、いきなりハンマーを振り回すという、

ムダを省いた硬派なゲームシステムになっています。

このPCゲームでは最高到達点に辿り着けるかどうかだけが問題で、ゲーマーとしてのスキルが試されます。

 

釜から男性が飛び出しているデザインは印象深く、どこかで一度でも見かけたら記憶に残る方が多いです。

ハンマーを振り回すだけでも様々なアクションが可能で、やり込むほどに新たな発見があります。

ちなみに壺の中におっさんが入っている理由はゲーム内で特に言及されないニャ。
ええ・・・、何もかもが無茶苦茶ね。

失敗してもやり直せることを教えてくれる人気ネトゲ!

失敗しても、再チャレンジすることで壁を乗り越えられます。

しかし、あまりにも叩きのめされてしまった場合には、

もはやリトライする気力すら失われてしまうのが常です。

 

大きな障害を乗り越えた時の感動と達成感を味わうためには、

失敗を恐れずに挑戦する必要があります。

 

何のために頑張るのか?という哲学的なテーマを掲げてもいるこの人気ネトゲでは

一度落ちるとかなりの巻き戻しを強いられます。

ちょっとしたミスで落下していくと、1時間以上かけた道のりであろうともリセットされるのです。

 

完成度の高い物理エンジンによって描かれる、

現実のように地面まで落下していく光景には、プレイヤーの心を折りかねないインパクトがあります。

ゲームオーバーの画面はなく、ただ地面まで落ちていくだけです。

ゲーム内で表示される哲学についての名言が、己の未熟さを恥じるプレイヤーを慰めてくれます。

ちなみに、ゲーム設定で名言のナレーションの量などを調整できるので、

うっとうしく感じたら消しておきましょう。

 

集中してプレイしてもらうための、ベネット・フォディ氏の心遣いです。

デリケートな操作が必要なだけに、感度の調整も忘れずに行っておくことをお勧めします。

個人によるゲーム制作が可能だからこそ生まれたおすすめオンラインゲーム!

売れるゲームというものには、一定の法則があります。

プレイヤーに親切であるのが第一条件で、クリアさせないように難しい設計にするなど論外です。

とはいえ、世の中には誰にもクリアできない難しいゲームだからこそ、興味を持つ層もいます。

 

情報機器の発達と高速インターネットの普及は、個人によるゲーム制作を可能にしました。

オンラインで自作したゲームを販売できることも、

このGetting Over It with Bennett Foddyが誕生するのに大きな原動力となりました。

 

日本でも個人によるゲーム開発が活発ですが、原則的に無料で遊べるフリーゲームが大半です。

制作者の善意によって自由にプレイできる一方、儲けにならないことから開発環境が限定されます。

 

Getting Over It with Bennett Foddyで使用されているゲームエンジンは、

有名なゲームでも使われている一級品です。

 

プレイヤーに買ってもらう前提だからこそ、

ゲームの操作性としてストレスがないPCゲームが完成しました。

困難へのチャレンジは世界共通の価値観

実力でGetting Over It with Bennett Foddyをクリアできたら、それは称賛されるべきことです。

困難を乗り越えたことを褒めるのは、世界共通の価値観となっています。

 

世界中で釜に入った中年の男性が操作されているのは、

プレイヤー自身がより高みに登り詰めるために他なりません。

 

確かに、Getting Over It with Bennett Foddyは難しいPCゲームです。

けれども、操作性が悪くて、二度とプレイしたくないという感想はあまり見られません。

 

コツを覚えれば、誰でも乗り越えられるぐらいの、絶妙なゲームバランスに調整されています。

インターネットではゲームの感想がいくつも掲載されているばかりか、

大勢が自分のプレイをまとめた実況動画をアップしている状況です。

壺男の愛称でも親しまれている人気ネトゲGetting Over It with Bennett Foddyは、

主流のゲームデザインから外れることが必ずしも敗北とは限らないことを示しました。

 

スポーツのような公平なルールに基づき、己の技量を証明できることは、

それだけでお金を払ってチャレンジする動機になります。

 

一歩間違えれば、全面的に非難されるだけで終わりかねないゲームデザインですが、

ベネット・フォディ氏は見事にオンリーワンの名作として完成させました。

 

何事にも遅すぎることはなく、何回でもチャレンジすることで上のステージに上がれます。

諦めずに挑戦する姿勢を学べるGetting Over It with Bennett Foddyは、

ベネット・フォディ氏が提供する独特な登山です。

自分の殻を打ち破りたいという思いがあるならプレイすべきおすすめオンラインゲームです。

難しい難しいって散々言われているけど、決してクリアできないレベルではないんだニャ。何度も愚直に上り続けていればいつかは必ずゴール出来るニャ。
まあクリアできひんかっても動画見て攻略法を学べばええんやしな。
アクションゲームだからあんまり意味ないと思うけどね。

気になる要素からネトゲを選ぶ!

ケモ耳×学園ファンタジーアクション性が高い自由度が高いストーリー性が高いSFファンタジーアニメチックな世界観低スペックでも遊べるのんびりほのぼの系新作オンラインゲーム
「Ar:pieL」ケモ耳キャラで素敵な学園生活!

⇒このネトゲの紹介記事はこちら

「黒い砂漠」ド派手なエフェクトで爽快!

⇒このネトゲの紹介記事はこちら

「ArcheAge」やりたいことが何でもできる!

⇒このネトゲの紹介記事はこちら

「ドラゴンネストR」古の時代から続く物語!

⇒このネトゲの紹介記事はこちら

「PSO2」近未来な世界観にワクワク!

⇒このネトゲの紹介記事はこちら

「セブンスダーク」可愛さ全開!アニメチック!

⇒このネトゲの紹介記事はこちら

「League of Angels2」手軽に遊べるMMORPG

⇒このネトゲの紹介記事はこちら

「マビノギ」まったり楽しめる名作PCゲーム

⇒このネトゲの紹介記事はこちら

「BLESS」圧倒的なクオリティの新作ネトゲ!

⇒このネトゲの紹介記事はこちら