「ABZU」風ノ旅ビトのクリエイターが送る、極上のゲーム世界を見よ!綺麗なグラフィックが美しいPCゲーム!

美しい海中を自由に探索できるオープンワールドアドベンチャーゲームです。あの「風ノ旅ビト」を手掛けた「Giant Squid」が表現する水中の世界はまるでその世界が生きているかのように感じることができるはずです。steamで配信されているPCゲーム中、トップレベルでグラフィック表現が美しいといえるオススメPCゲームです!

 

まずは美しい世界観がわかるこちらの動画をチェック!

 

凄い綺麗な水中グラフィックね!見てるだけで癒されるわ
今回はそんな見てるだけで海に行きたくなるような「ABZU」を紹介するニャ!

世の中にはこんなゲームがあっても良い。「ABZU」ゲーム概要

「ABZU」は、独立系ゲーム開発会社の「Giant Squid」が開発を手がけ、

2016年8月2日にパブリッシャーの「505 Games」によって発表・発売された

TPS(三人称視点)型海中探索ゲームです。

 

プレイヤーはダイバーとなって、幻想的な風景を見せる海中を自由気ままに探索することができます。

このPCゲームには特定のクリア目標やキャラクター成長要素戦闘シーンなどは一切含まれておらず、

広い深海のどの部分を泳ぐのもプレイヤーの自由です。

 

一応任意のオブジェクトをクリックすれば次の海域に進めるという仕掛けがありますが、

このゲームが持つ圧倒的な自由度の前ではそれも霞んでしまいます。

 

「PCゲーム」という概念を考えた時、大抵の人が思い描くのは難しいアクションや操作、

そして難解な世界観やオンラインでの共同プレイだと思いますが、

このPCゲームはそれらの概念から最も遠い場所に存在するゲームです。

 

簡単に言えば「自由気ままに海中探索をするゲーム」なのですが、

圧倒的なグラフィックによって描かれた海中とそこに暮らす生物たちと戯れることは、

多くのプレイヤーに新鮮な衝撃を与えることでしょう。

 

アイテムを見つけて、レベルを上げて、

敵を倒すというルーチンにハマってしまったプレイヤーがこのPCゲームをプレイするとき、

「何もしない自由」の力強さを肌で感じるはずです。

 

このシミュレーションゲームがプレイヤーに与えるのは「せわしないお使いクエスト」ではなく、

「ゆったりと流れる極上の自由時間」なのです。

 

「こんなゲームがあっても良い」と思わせてくれる貴重なゲーム、

それこそが「ABZU」だと言えるでしょう。

「風ノ旅ビト(JOURNEY)」のクリエイターによる作品

 

「ABZU」を手がけたのは、

2012年に発表され話題となったゲーム「風ノ旅ビト(JOURNEY)」

開発を担当したMatt Nava氏が新たに設立したゲームスタジオ「Giant Squid」です。

 

「風ノ旅ビト(JOURNEY)」では文字や言葉によるコミュニケーション手段がなく、

プレイヤーが直感的な操作によってゲームを進めていくという斬新な手法が用いられていましたが、

「ABZU」でもその特徴は同じで、

プレイヤーが操作するダイバーには名前や物語などの設定や背景は存在しません。

 

無声映画やパントマイムは、

演者が一言も発しないことで観客の「想像力」に作用する効果を持っており、

見る人によって印象が異なるという面白い結果をもたらしますが、

極限まで情報を削ぎ落とした「風ノ旅ビト(JOURNEY)」にも同様の効果があると言えます。

 

情報過多に陥りがちな現代のゲームとは真逆なベクトルで生み出されたこの作品は、

ユーザーとゲーム業界に大きな衝撃を与えたのです。

過去に「風ノ旅ビト(JOURNEY)」をプレイしたユーザーであれば、

このシミュレーションゲーム「ABZU」でも同じような感動を覚えることになるでしょう。

 

「風ノ旅ビト(JOURNEY)」のの舞台は主に砂漠でしたが、

今回は「海」が舞台となり、移動方法も「徒歩」ではなく「泳ぎ」です。

 

ただし舞台やシチュエーションが変化しても、

作品から流れる落ち着いた雰囲気や、

プレイした際の心地良さは全く同じなので、安心してプレイしてください。

 

数々の受賞歴が作品の質を物語る

 

映画の世界、特にハリウッドで開催される「アカデミー賞」の選考方法が

物議を醸したのは記憶に新しいですが、

ゲームの世界における各種の賞は常に的を得た作品に与えられています。

 

これはひとえに関係者が日頃から「面白いゲーム」を追求してプレイを重ね、

その審美眼を磨いてきたからに他なりません。

 

従ってゲームに数々の受賞歴があるということは、

間違いなくプレイする価値がある作品だという一種の判断基準となります。

 

「ABZU」の前に発表された「風ノ旅ビト(JOURNEY)」は

「第13回 GDC Awards」でノミネートされた全部門を受賞して6冠を達成し、

さらにサウンドトラックが第55回グラミー賞にノミネートされるという快挙を達成しています。

 

ゲームのサウンドトラックがグラミーにノミネートされるのは史上初の出来事で、

「風ノ旅ビト(JOURNEY)」がゲームという枠を超えて

世界中で支持されたことを裏付けるエピソードです。

 

「ABZU」も「Unreal E3 Awards」や「2016 Best Of E3」などに数多くノミネートされ、

その作風が世界中から評価されました。

 

発売から1年以上が経過していますが、その人気は衰えることを知りません。

このABZUが間違いなく上質なゲームであることを物語っていると言えるでしょう。

 

色々な賞を受賞していて日本だけじゃなくて、世界的にも評価されているのね
しかもサウンドトラックは「グラミー賞」にもノミネートされたのニャ!グラフィックだけじゃなくて音楽も評価されている作品なんだニャ!

あえてイラスト調にしたグラフィックが美しい

 

「ABZU」のグラフィックは優雅で繊細ですが、

実際の海中をリアルに描写したものではありません。

 

ゲームを始めたプレイヤーが目にするのは、

黄金時代のディズニー映画のような息を飲むアニメーション風の世界です。

 

細部の描写を抑えながらも十分に特徴を捉えた海中の生物がゆったりと泳ぎまわる光景は見事で、

プレイ中は思わず言葉を失ってしまうことでしょう。

 

海面から差し込む太陽光が幻想的な空間を照らし出し、光が反射した海はまさに「絶景」です。

全ての海中生物はゆったりと動き、

海藻も水流と共に揺らめくような動きを見せてプレイヤーの目を楽しませてくれます。

 

ここでは極上の時間が流れており、ぐるっと泳ぐだけで一種の「癒し」が得られるでしょう。

ちなみにダイバーは魚群と戯れることもできるので、

どのような変化が起こるのかは是非その目で確かめてください。

 

「想像力」こそが「ABZU」を楽しむ重要な要素

ゲームを進めていくと時折「海底に沈んだ古代文明」の痕跡を発見することがあります。

しかしここで描かれるのは判読不明な象形文字や遺跡の断片だけで、

何の情報も提供されません。

 

ここでインターネットを参照し、何かヒントを探そうとした貴方は、

長年のプレイが祟ってゲームに毒され、一定のパターンに陥っています。

その先にクエストやボスなどが存在しなくても、

「ここには何があったのだろう?」と考えるだけでこのPCゲームは十分面白くなります。

 

そしてアイテム探し面白半分のバグ探しなどの行為を一切止めた時、

貴方の前に広がるのは無限の想像力を掻き立てる上質なゲーム空間なのです。

 

このオープンワールドを楽しむためには、頭を空っぽにして「想像力」を呼び覚ますことが重要です。

このゲームは、プレイヤーが何も考えずに操作するほど、

どんどん面白さを増していくのです。

「ABZU」は、こんな人にオススメ!

「風ノ旅ビト(JOURNEY)」の開発を担当したクリエイターが手がけたこのPCゲームは、

「風ノ旅ビト(JOURNEY)」のユーザーに与えた衝撃を再び実現してくれました。

 

時間を忘れ、ただ思うがままにキャラクターを操作することによって得られる喜びと感動は、

このオープンワールドでしか味わえない貴重なゲーム体験です。

 

「風ノ旅ビト(JOURNEY)」発売以降は似たようなシチュエーションを持つゲームも多く出回りましたが、

このABZUをプレイすれば「本家」が持つ圧倒的な世界観とクオリティを実感できるはずです。

今のゲームジャンルに一種の閉塞感を持っている人は、

このPCゲームをプレイすることによって「ゲームが持つ無限の可能性」を見ることになるでしょう。

これほどまでにプレイヤーの心を掴むゲームが登場することは滅多にないので、

是非一度プレイしてみてください。

「ABZU」は、余計な装飾を一切捨て、極上のゲーム体験を実現した傑作です!

steamで好評配信中です!

 

私たちが昔感じていた「ゲームが持つ無限の可能性」を実感できるゲームなのね!
お魚の種類も多いし、古代文明のデザインも必見ニャ!・・・にしても美味しそうな魚がいっぱいニャ
仕方ないわね、今日の夜ご飯はお魚よ
やったニャ!

気になる要素からネトゲを選ぶ!

アクション性が高い自由度が高いアニメチックな世界観低スペックでも遊べるのんびりほのぼの系
「黒い砂漠」ド派手なエフェクトで爽快!

⇒このネトゲの紹介記事はこちら

「ArcheAge」やりたいことが何でもできる!

⇒このネトゲの紹介記事はこちら

「セブンスダーク」可愛さ全開!アニメチック!

⇒このネトゲの紹介記事はこちら

「League of Angels2」手軽に遊べるMMORPG

⇒このネトゲの紹介記事はこちら

「マビノギ」まったり楽しめる名作PCゲーム

⇒このネトゲの紹介記事はこちら